Profile

4才よりヴァイオリンを鈴木メソッドで始める。

愛知県立明和高等学校音楽科、東京藝術大学卒業。

故近藤富雄、土方恭之、海野義雄氏の各氏に師事。

日本音楽コンクール、東京国際音楽コンクール室内楽部門優勝、

ヴィエニアフスキ国際コンクール入賞。

学生時代よりコンサート活動を始め、国内外のオーケストラとの共演、リサイタル、室内楽、ゲストコンサートマスター、コンサートの企画、音楽祭出演等の他、フランス、アメリカ、台湾、中国、ドイツなど国内外でマスタークラスの講師として招聘され好評を得ている。
 

2013年、2016年にウクライナで開催された

オレグ・クリサ国際ヴァイオリンコンクールなど、国内外のコンクールの審査員も務める。教育者としての信頼も厚く多くの逸材を輩出している。新作初演も多くオレグ・クリサ氏とのバッハの2つのヴァイオリンのための協奏曲のCDは、レコード芸術などで絶賛された。琴とハープ、電子オルガンとマリンバとのコラボレーションのCDなど、多くのCDをリリース。

玉木宏樹氏作編曲作品の校訂、監修を手がけた楽譜「ヴァイオリンデュオで楽しむヴァイオリン名曲集」は、

出版されて20年経った今も皆様に愛されている。ベートーヴェンのソナタ全曲演奏会を

東京と大阪で開催など多くのコンサートに出演。

 

 現在、洗足学園音楽大学客員教授。武蔵野音楽大学講師。

ヴィルトゥオーゾ横浜代表。横浜音楽文化協会会長。

NPO法人純正律音楽研究会代表。

2012年度横浜文化賞。

2014年度愛知県芸術文化選奨文化賞受賞。